2016年02月23日

高齢者免許更新

私も今年は申年で70才以上で高齢者免許更新のハガキが来ました。



Photo_5



応募者が多いので早めに予約を取るようにと書かれていました。


それならと一覧にある我が家から一番近い教習所へ電話しました。


すると、予約日は4月20頃ですと云われた。誕生日の半年前に来るのに、これではもしかして?用事等で受けられなくなるのではと思い、もっと早い日は無いのかと聞いたら、当方ではありませんとの事、急がれる様であれば他校を案内しますとの事でこの教習所を推薦された。


さっそく、電話したら此処は早く予約が取れたが、その日が来たが丁度その日の都合があり、キャンセルを入れて新しく予約を取った。


その日に行こうと思って偶々前日に電話したら、予約されていませんとの事、


何たること思ったけど仕方ないので、予約を取り、今度はしっかりと受付の人の名前を聞きメモに控えた。


その日が来た、前日に予約の確認をいれ、今度は取られていた。


教習料金¥5600円とハガキと免許証、筆記用具を携えて行った。


1.交通ルールなどの交通に関するVideo


2.運転適性検査


136707475037313111483


A.青色でそのままアクセル


黄色でアクセル外し又アクセル、


赤色でアクセル外しブレーキを踏み再度アクセル


B.注意配分・複数作業検査、


矢印通りにハンドルを回し、黄色でアクセル外し、赤色でブレーキを踏み又アクセル


青ではそのままアクセルを踏んだまま、又四隅に交通表示が色違いで出る。


なんと、紛らわしかった、でも反応検査は30~60才までの年齢相応だった。


でも、ゲームを良くしている人が向いてるので、本当の車の運転にはどーもっていう検査だね、


3.視力検査


A.静止視力・・・もともと視力は悪いので


B.動体視力・・・これが最低だった0.1とまるで75才以上のモノだった。アーア


道理で卓球の時速い球が見えていなく、よく空振りするので動体視力が無いのが分かっていたけど、ここまでとは・・・、卓球に向いてない眼なのね、審判はメクリにしておきます。


C.夜間視力検査・・・これは全然ダメであった。


  これでは夜間は運転できません。Photo


4.実車走行テスト


Unnamed


教習所の中を教官の支持通りに運転する。


私がペーパードライバーなので一番最後です、


バックが苦手な私なのです。一回主人に横に座ってもらって駐車場でバックの練習をし、バカチョンに云われましたので、自信ありませんでしたが、


Sクランクもバック駐車も無事一回で出来ました。後ろの方が「Sクランク脱輪するかと思ったけど、ペーパードライバーにしては上手かったよって!」褒めてくれました。すごく嬉しかったです。


Photo_3



これで、無事自動車免許更新が出来ます。返納しなくてすみそうです。


でも、更新時又2500円いるそうです。  高齢者からブッタクリだね、


日本は異常だね、自動車業界からの圧力なのか?数年の自動車の更新やら、自動車免許の更新やら、金儲け出来るシステムを取らしているもの。


一旦取った免許はフランスで一生涯更新は無いそうな、


日本だって人の命を預かる職業の医師免許も看護師免許も更新なんて無いモノね・・・

posted by ゆう子ちゃん at 23:02| 福岡 ☀| Comment(2) | ゆう子のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつの頃から始まったのでしょうか、、、高齢者教習付免許更新事業。
歳を重ねることで、不利になることもそりゃあるでしょう。
ただ、高齢者講習料と称して別途に¥5,600は、ちょっと頂けません!
ベテランドライバーの一部に、操作ミスや逆行などの運転トラブルが、
重大事故に繋がった経緯は知るところです。
だからと云って別途料金加算には、如何なる脈絡ありや?
だんだん腹立って来ましたので、、、この辺りでやめておきます。

田舎暮らし故に、できれば亡き親父が運転していた年齢(73歳)までは私も、
ベテランドライバーとして現役でいたいと常々思ってはいるのですが、
どうなることでしょうか!それでは、また。。。
Posted by しんがり at 2016年03月02日 17:33
しんがりさん、こんにちは、

今も高齢者の事故が絶えませんが、私も福岡はマナーがワーストワンになる位良くないのは事実で、年金暮らしになったら、慣れない土地で事故でもやったら、保証やらで精神的にもマイッテ、後の余生を苦しんで過ごすのも嫌なので、ペーパードライバーなのです。
せっかく45年無事故で過ごした者としては、運転に躊躇せざるを得ないので、証明書替わりに重宝しています。

それにしても、あの高齢者の傍若無人ぶりにはあきれています。[E:pout]
あの幹線道路を堂々と横断し、事故ったからと横断歩道を町内会あげて(署名させられ)作らせて、作っても結局横断歩道を利用しないで、相変わらず、堂々と横切っています。

これには同じ高齢者として、腹が立っています。少し歩いて出来た横断歩道を通れば良いモノを・・・
これで巻き添えにあって人身事故をしたら、運転者の方の責任になるなんて、考えただけで腹が立ちます。

お巡りさんが普段から取締りをして無い様に思えます。
形式的に公民館で交通循環車をタダ走らせているが、何の意味があるのだろうか?
交通お巡りさんをもっと増やして厳しく取締るべきです。市長が飲酒運転の制限を強調されましたが、市民は聞く耳持たない県民性を根本から直すべきだと思います。
Posted by ゆう子 at 2016年03月03日 18:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください
QRコード
記事リンク