2016年02月23日

がんセンター竣工内覧会

9541s_2


 この度2年間をかけて工事した新規のがんセンターの内覧会があった。


一度は見ておきたいと思っていたので、わが実家の家系はガンのオンパレードだったし、私もその気があるみたいだから、その時の為、こう云う処はガンにならなきゃ利用できるものではないし、と午後は用事があるので、一番に内覧会に見学に行きました。


外観はとても大きく立派な7階建て(東棟・西棟の2層式)でベージュの外観、内部は凄く豪華でとても広くて各階にナースステーションも中心にあって広々としていました。まだ、沢山の医療器具等備品が入ってないので尚更広く感じました。VIP特別入院室や一般個室病室と色々です。


まるでホテル並みの感じで入院したい感じの様でした。最近は早期発見なら長生きも出来るとの事だが、ガン治療(放射線治療)しながら生きながらえるのも考え物だしと、思っていますが・・・


一番気になる面はすぐ隣に我がマンションがあるので、どの程度見えるのか、心配だったけど、上層階は結構丸見え状態でした。患者さんはベットで割と窓からの景色を見る事が多いので、これでは丸見え状態ですなーと思えました。


特に東棟側が良く見えました。


1972年国立病院九州がんセンターとして発足、


下記の詳細で2016年3月に新規病院オープンです


敷地面積: 100㎡(3万坪)


建物面積: 34.349㎡


病床数:   411床


サクラの木: 昔からのソメイヨシノと八重サクラ等で100本植樹


春にはきれいに咲くと良いね、植えたばかりだから、豪華とは言えないかも


特別な高性能PET/CT(ドイツ・シーメンス製)が導入してあり、精度の高い検査が出来る機械です。


この上記写真は12月初旬に大木の紅葉がきれいだったので写したものです。


パンフレットも福岡市政だよりに掲載されている写真は合成写真ですね、コンテストではないから許されるけど、実写はこれですよ、


下記は裏側から撮ったもの(救急医療が搬入出来るスロープ鋪道も設けてあります。何故か、ヘリコプター発着場は無いわね)



S_2


 内部は手術室(7室)や病室はもちろんですが、小・中学校、コンビニの売店、レストラン、図書室(福岡市と連動だからここでも本が返せる様です)カフェ、患者サロン、食堂、理美容室、と周辺の人も利用出来るようです。


病室から我がマンションと大池がこの様に見えました。


994s


さっそく、業者が豪華で立派な白いランの花を搬入していました。


987s_2


将来においてお世話にならない事を望みつつ、

posted by ゆう子ちゃん at 22:44| 福岡 ☀| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
QRコード
記事リンク