2014年10月08日

墓参り

9月27日、高校の同窓会の時、着いてすぐ午前中に比治山に登り、母の墓参りしました。


私の実家の墓は広島の真ん中の比治山の墓園にあります。


しかも3か所に別れて別々の場所に、母が生存の時何故、こんなに3か所に別れているのかと聞いた事がありますが、一か所は養子元なので分からぬ事ないのですが、


元々のご先祖のお墓の場と、あとは祖父(房乃助)が、戦前広島にあった陸軍広島連隊にお米を納入する米穀商で裕福だった人なので、自分の入るお墓を生前(昭和14年)に作り、先祖地は狭いので別場所に置いたみたいで、3か所になっています。


最後の墓には曽祖父母や祖父母、両親と3代が今納棺されてます。


我が家は元々浅野藩の芸州藩士だったので、お墓石の天辺が尖っています。もちろん比治山神社神道の氏子だったので、法要等は比治山神社で神主の元で、おこなっています、


以前は親の神官でしたが、今は頼りなさそうな背の低い息子さんの代になっています。


神官なのだから、祝詞(ノリト)をあげるときはもっとロウロウとしていればいいものをと感じています。


主人の方のお寺(浄土真宗)の坊さんは、若いのにロウロウと、お能の声の如く良い声でお経を上げられます。なんか有難味が感じられます、拝み方次第なのね、


 ①ご先祖12代までの墓(初代は寛文6年、徳川家綱の時代、西暦1666年で八百屋お七の時代)です。


Haka11



Haka12


②養子元家(何代か前、中川家から宮川家に養子にいく、この中川家が明治時代に子が無くて絶えたので、宮川家が墓を建てて祭ってあげています。)


Haka2


Haka3 誰がしたのか、大きな大木があったが伐採されていた。


この中川家は浅野藩の家臣で、取り寄せた芸藩輯要記録に記載が有ります、


この人物は武人ではなく、式部公子附とあるから藩の催し事を仕切る係りの様です。


浅野藩は、元々関ヶ原の合戦後、紀州から芸州(福島正則の領地)に藩替えになった藩なので、家臣は [旧]紀州からの同伴した藩士、 [芸]芸州藩福島正則残党藩士、 [三]分家三次藩出身、と3つに分かれていました。


Photo ③我が曽祖父母、祖父母、父母、等3代が納棺で2m以上もある大きな墓、


昭和20年8月6日に祖母センが原爆死とあります、遺骨が見つからず、着ていた着物の袖が入れてあります、祖父は原爆症で髪が全て抜け落ちたそうで、その後死んでます。私も祖父母は写真でしか知りません、姉は当時7歳なので知っていますが、


Haka_3


Haka3_3 紋章は


Haka4建立は


Haka1祖父房乃助は、比治山神社の石の鳥居(この写真に見れる)を寄贈しています。


S


 

posted by ゆう子ちゃん at 01:34| 福岡 ☀| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
QRコード
記事リンク