2012年08月20日

ゴウヤの食べ方

2
我が菜園、キュウリは終わったが、ゴーヤが沢山出来ました。
一気には食べれないので冷蔵庫に入れていたら、1週間もしたらクジュクジュになってしまっていた。
そこで早く加工して腐らせなく食べるには、以下の5つの食べ方として記述しておきましょう

1つ目、ゴウヤ、豚肉とお豆腐に卵を材料にして定番のゴウヤチャンプルーにして頂きました。
4


2つ目はすぐに軽くボイルしてミキサーに入れてジュースにした。
飲みにくいので市販のグレープジュースを混ぜて飲みました。やはり、少し苦いです。
Photo

3つ目は中の白い部分と種を除き、5mm位にスライスし2~3日天日干しし、お茶としてドクダミや菊芋の葉の乾燥しておいた茶と混ぜて頂きました。
Photo_2
ゴウヤの乾燥したもの、
 この量で5本分ですよ、いかにゴウヤは水分が多い事か!
3

ドクダミ
ドクダミは6月に近所で頂いたものを、そのまま天日干しして粉々にしたもの、
Photo_3
菊芋の葉
5_2

菊芋茶の造り方
菊芋の葉をボイルします⇒新聞紙に一枚ずつ並べて天日に2~3日干します⇒ビニール袋に入れて上からタタキ、粉々にします。
Photo_5Photo_6

Photo_74_2

菊芋茶+ドクダミ茶+ゴウヤを混ぜ、ゆう子特製健康茶のできあがり、パチパチPhoto_8

菊菊芋に含まれるイヌリンは血糖値の上昇を抑え、糖尿病などによいといわれています。

4つ目はゴウヤの佃煮です。
ゴウヤの種とワタを取り除き、⇒だし入りの汁(醤油、みりん、塩、削り節)でコトコトを煮込みます。
Photo_4

5つ目は種とワタを取り、薄くスライスしてうす塩でもみ、晒して水を切り鰹節を上にふりかけ生醤油で戴く

沢山取れたゴウヤの我が家での食べ方でした。
posted by ゆう子ちゃん at 01:29| 福岡 ☀| Comment(0) | ゆう子のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
QRコード
記事リンク